子宮筋腫を手術で摘出すべきかは医師でも判断しづらい


もし、不妊治療時や妊娠中に子宮筋腫が見つかったら…。医師としては治療方針をどうするべきか、究極に選択をしなければいけません。

子宮筋腫に大きな影響を与える女性ホルモン


妊娠・出産を終えている方であれば、そのまま様子を見るように診断されるのですがこれから妊娠・出産を控えるとなると話は別です。
というのも、子宮筋腫を発症する原因には女性の二大ホルモンの1つ「エストロゲン」が大きく関係していて、閉経と共に筋腫は小さくなっていくからです。
女性の二大ホルモンにはエストロゲンの他に「プロゲステロン」があります。どちらも月経周期と密接な関係があるのです。エストロゲンが分泌される時期は思春期です。分泌されることによって、体が丸みを帯びたり、乳腺が発達し女性らしい体つきになります。

スポンサードリンク


生理が終わる頃から排卵日直前までの間に多く分泌されています。
エストロゲンは卵巣から分泌され、子宮内膜を増殖させる働きがあります。これによって、女性が妊娠することが出来るようになるのです。
そして二大ホルモンのもう1つ、プロゲステロンは排卵後に卵巣から分泌されるホルモンです。
プロゲステロンは女性にストレスを与えるホルモンであり、荒れ・腰痛・便秘・胸の張りなどの症状を引き起こす原因とされています。厄介なホルモンだと思われがちですが、着床や妊娠維持をするうえで必要不可欠な存在なのです。

排卵後は高温期が継続しますが、この状態に貢献しているのがプロゲステロンです。子宮内膜をスポンジのようにさせ、胚を着床しやすく成長しやすい状態を作り上げています。
子宮筋腫はこうしたホルモンの影響を直に受けているので、閉経をしていない女性はこれからも筋腫が大きくなる可能性があるのです。もちろん、それは妊婦さんも例外ではありません。

妊婦・不妊治療患者の子宮筋腫手術


妊娠中に見つかった場合、手術を強行する医師もいますが、現在の医療ではそれはもはや一般的な治療とは言えないでしょう。
流産のリスクが高い(特に妊娠初期)というのが子宮筋腫なので、出来るだけ安静にするよう診断されることがほとんどです。

しかし、医師が最も難しい判断を迫られるのは不妊治療を行っている方です。
手術で摘出すれば、妊娠する可能性は高くなります。

しかし、もし患者さんが40代だったら、貴重な時間が奪われてしまうというデメリットが生じてしまいます。術後はケアを含めて3、4カ月は不妊治療を行うことはできません。
先に体外受精を行うべきか、それとも手術で摘出するべきか、判断するのは医師でも難しいのです。

<まとめ>
・子宮筋腫は「エストロゲン」という女性ホルモンが大きく関係している
・そのため、妊娠・出産後も筋腫が大きくなる可能性がある
・妊婦の場合は手術は流産のリスクがあるため、安静にして様子をみるが一般的
・不妊治療中の場合は手術で摘出すれば、妊娠する可能性が高くなる

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ