晩婚化・晩産化が生む深刻なトラブル


高齢になればなるほど妊娠・出産はしづらくなります。

妊娠・出産は女性にしか出来ない貴重な体験ではありますが、実は女性の体にかなりのリスクをもたらすものだということを知っていましたか?
生殖機能は、年齢に伴う肉体的な機能の中で最も早く老化していきます。しかも全く自覚症状がないのです。

気づかない生殖機能の低下


視力や筋力の低下はほとんどの方が気付きますが、生殖機能に関してはどうでしょう。
自覚症状がないだけでなく、卵子のクオリティや子宮や卵巣の働きの低下を意識する機会すらゼロに等しいからだと考えられます。

女性の月経周期は25歳から35歳までは、基本的には安定しています。だからこそ本人の意識は低く、35歳から少しずつ出てくる生殖機能の老化に中々気付けず見過ごしてしまうケースが多いのです。実際に女性特有の病気の羅患率は増加傾向に見られます。

女性特有の病気といえば子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮頸などが代表的で、どれも妊娠に対して深刻な影響を与えます。

スポンサードリンク


40代女性の3割から4割もの人が患う子宮筋腫


特に多いのが子宮筋腫です。40代女性の3割から4割の方に見られる病気ですが、筋腫のある女性のうちなんと半数以上の方は痛みを感じていないのです。
例え症状が見られても月経過多、貧血、おりものの増加、排尿障害などで、普通に生活できてしまうことも珍しくありません。

一昔前までは、30代で出産を終えるケースがほとんどで、子宮筋腫が発生する頃には子供が大きくなっている女性が多かったのです。
しかし最近では晩婚化や晩産化が増え、「不妊治療を始めようとしたら子宮筋腫と診断された」「初産で産婦人科に行ったら筋腫が見つかった」などのケースが増加しています。

<まとめ>
・生殖機能は体の中で最も早く老化してしまう機能
・子宮や卵巣などの生殖機能の働きが低下しても、自覚症状がないことが厄介
・最近では、不妊治療や初産の段階で初めて子宮疾患が見つかるケースが増えている
・子宮疾患は妊娠に対して深刻な影響を与える
・子宮疾患の中でも特に多いのが子宮筋腫

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ