高齢出産で感じる後悔


30代で子供を産むと、いまだに「高齢出産」とか「産むには遅い」と思う人がいるようです。

が、現実をみれば30代での出産の方が多くなってきており、むしろ普通といった感じになってきているほどです。

私も、当時の水準では高齢出産でした。
高齢出産とういう言葉を知った時、思わず苦笑いしたものです。

高齢出産ともなるとお産が大変ですが、精神的にもどっしりとかまえていることができ、しかも金銭的にも余裕があります。

ですので、特に心配することもありませんでした。

スポンサードリンク


ただ…一つだけ後悔に近い疑問はありました。

「もし20代で産んでいたらどうだったろう?」

という疑問に近い思いは心の底にありました。

とはいえ、30代での高齢出産は後悔はしていません。


精神的にもゆとりをもって構えてられるし、なによりも経済的にも違います。


ただ、成長した時の事を考えると、
自分があまりにも年をとっていることに不安を感じなくもないのです。


できれば子供の結婚を、そして孫の顔(早い!)を見たいもの。


そして、私自身が実家から遠かったこともあり、病気などで育児が大変だった時に誰にも頼ることができませんでした。

スポンサードリンク


あの時の大変さはかなりのものです。

だからこそ、自分の子供にはもしもの時にサポートをしたいという気持ちがあります。
とはいえ、子育ては体力勝負ですから、あまりにも高齢だとそれが厳しく…
逆にこちらが迷惑をかけてしまいそうで怖いです。


「もっと若い時に産んでいれば、孫の世話も楽だったなぁ」


なんて気持ちがあります。

これはちょっとした後悔かもしれません。

まぁ、早くに倒れないように健康には十分に注意しますが…。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ