高齢出産は何歳から?


私が妊娠した時、高齢出産といえば30を超えた人のことを言っていました。
母子手帳に高齢出産のハンコが押されるんだな…なんて思ったものです。

が、どうも違うようで…。
妊娠後期になると、32歳からが高齢出産だという話を聞くようになりました。
その時は漠然と「30歳から32歳に引き上げられたのか…」なんて思ったものです。
正直、どっちでも良い事でした。
とにかく無事に生まれてくれれば年齢は特に関係ないのですから。

そして最近になって、今度は35歳以上が高齢出産…
といった話が耳に入ってきました。
数年前からどんどんと高齢出産の境目が上がってきています。

スポンサードリンク

そういったことになるのも、最近では30代で出産する人だけでなく
40代といった年齢で出産される人も増えてきたからでしょうか。
40代で出産となると驚きが大きいですが、それが数年前では
30代での出産に驚かれていたのです。
今じゃ全然驚きませんが…これも時代の流れなんですかね。

そういえば、念願の認可保育園に入園した時。
同じクラスのお母さんは、みなさん30代といった感じでした。
12人クラスの中で20代と思しき人は1人ぐらいで、
他のクラスもそんな感じでした。
そして幼稚園に入園した時も、やはり同じ年少さんのお母さん・お父さんの
年齢が高かったことに驚きました。

実際に皆さんに年齢を聞いたわけではありませんが、
顔や手の肌の具合をみれば一目瞭然です。
主人はそれをみて「若い人がいない!?」なんて失礼な事を言っていました(笑)

ただ、高齢出産のボーダーラインが上がったとしても、
その年齢が上がる事による出産へのリスクの大小はなんら変わりません。
やはり、若いときは妊娠もしやすく出産も楽、
年をとるごとに妊娠しにくくなり出産も大変になるのです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ