40代での高齢出産


いよいよ30代後半に突入しました。

後半に入ると年をとるのが早く感じるのは、10代も20代の頃もそうでした。

なので、きっと30代もそう感じるのでしょう。

30代後半といえば、女性にとっては人生の勝負時ともいえるもの。

特に大きなテーマとなるのが妊娠・出産。

後半ともなると、さすがにこれは本格的な高齢出産となります。
妊娠しにくくもなりますし、出産についてのリスクも高くなります。

スポンサードリンク


最近では40代での出産も増えてきているのでそこまで危機感は感じないかもしれませんが、遅くなればなるほどリスクが大きくなるのは変わらりません。

ましてや、子供が成人した時の年齢を考えると悩みます。

なので、できれば40代に入る前に産みたいとは思うものの、あまり焦ってしまっても、もはやあまり変わりないとも思います。

とにかく、母子共に元気であればいい。

年齢はあまり関係ないかな…なんて。

スポンサードリンク

実際、私の知り合いで、40代で初出産したという方がいます。
落ち着いてらして、お子さんもしっかりしています。
あの年を経て得ることができる貫禄は、若い人には無理です。

ただ、やはり体力的な厳しさはあるようです。

「体力的についていけない…」

なんてよく聞きますが、30代で出産した私もそう感じるのですから、40代ともなればもっとすごいでしょう。
というか、もし2人目を妊娠したら間違いなくそうなりますが…。

30代後半から40代にかけては、妊娠・出産を考える最後の期間。

ここでどうするかしっかりと考えて行動しないと、後で後悔することになる…そう思います。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ