「高齢出産のリスク」の記事一覧

コヒーシンが高齢出産によるダウン症や早期早産などのリスクの原因か?

高齢出産によるリスクの原因はコヒーシン?

本日(2014年5月8日)日経新聞にて興味深い記事が載っていました。 「加齢に伴い卵細胞の「コヒーシン」減少 出産に影響か」 藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の堤真紀子助教(分子遺伝学)らの研究チームは、女性の卵細胞内で染色体をつなぐタンパク質「コヒーシン」が加齢に伴って減少し、不妊や流産のほか、ダウ・・・

30代女性に多く見受けられる子宮内膜症

30代女性に多く見受けられる子宮内膜症

30代女性の間で非常に増加している、子宮内膜症。なんと30代女性の5人に1人が患っているというデータがあるくらいです。 原因としては、女性が妊娠・出産する機会が減ったということが挙げられます。 これはつまり、月経を経験する回数が増えているということでもあるのです。 そもそも子宮内膜症とは、子宮の内側・・・

子宮筋腫を手術で摘出すべきかは医師でも判断しづらい

子宮筋腫を手術で摘出すべきかは医師でも判断しづらい

もし、不妊治療時や妊娠中に子宮筋腫が見つかったら…。医師としては治療方針をどうするべきか、究極に選択をしなければいけません。 子宮筋腫に大きな影響を与える女性ホルモン 妊娠・出産を終えている方であれば、そのまま様子を見るように診断されるのですがこれから妊娠・出産を控えるとなると話は別です。 というの・・・

子宮筋腫のリスク

子宮筋腫のリスク

では、子宮筋腫は体にどのような影響を及ぼすのでしょう。 妊娠しづらくなり、流産や早産のリスクもある子宮筋腫 不妊治療中の方は着床障害、そして妊婦の方は早産・流産・前置胎盤・常位胎盤早期剥離などのリスクが高まってしまいます。 着床障害とは、受精卵が子宮内膜に定着しようとしているところを筋腫が邪魔するこ・・・

晩婚化・晩産化が生む深刻なトラブル

晩婚化・晩産化が生む深刻なトラブル

高齢になればなるほど妊娠・出産はしづらくなります。 妊娠・出産は女性にしか出来ない貴重な体験ではありますが、実は女性の体にかなりのリスクをもたらすものだということを知っていましたか? 生殖機能は、年齢に伴う肉体的な機能の中で最も早く老化していきます。しかも全く自覚症状がないのです。 気づかない生殖機・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ